« 青モスラ | トップページ | ギヤ加工 »

2007年9月20日 (木)

カーボンリムを組んでみた

Dsc_0014

14インチでは無い。

そう、例の20インチである。

もう3ヶ月近く前にGHで作らせていただいたアレ、使ってみようかと。
普通のレースに使うにはちと太すぎだけど、ガソリンエコランに近いNATSならぴったりな気がするし。

2本あるが…使うのはリヤ。

フロントには入りそうに無い。たぶんうちらに限らず普通のサイズのマシンだと入らないでしょこれ。
太すぎ。

組み方はオーソドックスな6本組。やっぱり個人的にはこれが一番安心できます。
ちなみにあたしゃラジアル組は嫌い。
あれカッコいいとか言われるけど…そうか?

穴については自分で開けるわけだからいろいろやりようはあるわけで、20インチみたくスポークが短い場合スポークそのもののねじれとか角度とかの点から考えて、左右の穴はできるだけ中心からオフセットさせた方が良いだろうことは容易に想像できたんですが…

結局アレックスの真似にしちゃう俺。

あぁそうさ!俺はチキンさ!
笑うが良い!!

ただ、組んでみてやっぱりオフセットさせるベキだと感じました。ちょっと後悔。

組みやすさの点から言うと…
それほど良好ってことは無いです。
確かに精度は高いんですが、このリム構造上外面は精度出てないですからまず普通の触れとり台が使えない。
また同じ理由から目測が当てにならない。

結局マイクロメーターを駆使してフックのリム内面側を基準に振れ取りしたけど、まぁやりにくいね。
最終的には出来に納得いかず3回やり直した。

でもおかげで出来は完璧と自画自賛。
ただそこはやっぱりチキン。
バキ!!
とか言うのが怖くてテンションをいつもほどは上げられず(普段はガッチンガッチンにするのが好き)。

(i藤)

|

« 青モスラ | トップページ | ギヤ加工 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163975/8036811

この記事へのトラックバック一覧です: カーボンリムを組んでみた:

« 青モスラ | トップページ | ギヤ加工 »